どうもー!mskです。

ここ最近ピンクのスニーカーを探す毎日だったのですが、なかなか見つからない!
ピンクのスニーカーは山ほどあるんですが、これだ!!!っていうのが見つからず諦めかけていたのですが、調べてみると自分で染色することも出来るということなので思い切ってしてみました。

はたして上手く染まってくれるのか。


染めるスニーカーはナイキエアズームマライアフライニットレーサーです。
IMG_20190308_113448




私のお気に入りのスニーカー。
これで2代目。これから活躍する季節が再びやってくる。

スニーカーにそんな拘らなくても。と思う方もいるでしょう。
むしろ私もそうでした。一時は汚れたら捨てる物程度に考えてた頃も。
でも、自分の足に合ったスニーカーと出会ってしまうともう浮気したくなくなるんです。
新しく買うときもこのスニーカーがないかまず探してしまいます。

ピンクのスニーカーが欲しかったというよりも、このスニーカーのピンクがどうしても欲しくなってしまったので探してみたけれどなかったので思い切ってアレンジしてやろう。

失敗したら。そんな事考えるのはやめましょう。

いざ染色。










染色手順



私が選んだメーカーと色はこちら。

桂屋 コールダイオール パールピンク 
ローズピンクと迷ったのですが、実際の色を見てみたらパールピンクの方が良い色だったので今回はパールピンクにしてみます。

IMG_20190308_113813




ここで適当さを発揮してしまいましたね。
私の家には100グラムまでの計量器とアナログの体重計しかなかった。

本来ならば染める物の重さによって必要な水の量などが決まるのですが、適当人間の私はとりあえず説明書通りに作業することに。

IMG_20190308_154258



説明書に書かれている内容は
Tシャツ2枚(布約250グラム)を染める場合となっているが私が染めたいスニーカーはこれよりも重いはず。
それでも説明書通りにやればなんとかなるだろう。

準備する物
染料、染色容器(100均で買った洗濯桶)助剤(塩かお酢)ゴム手袋、染める物、染料を溶かす耐熱容器、染料を溶かす熱湯500ml、台所用液体中性洗剤、菜箸(混ぜる用)

準備する物を揃えたら、手順を確認しときましょう。
1,染色する物を洗う
2,染料を溶かす。
ボウルに染料を入れ、熱湯約500mlを入れ染料を混ぜる。染料の粒が残らないようによく溶かす。
3、染液を作る。ぬるま湯30℃以上を約7.5リットル用意し溶かした染料を加え計約8リットル。この時に助剤のお酢100mlいれる。
4,染めたい物を入れ、20〜30分染める。
ここまでが染めの作業。
案外簡単にできそう。

染めが終わったらソーピング(洗い)
1,染め液から取り出しぬるま湯で軽くすすぎ、台所用中性洗剤を溶いたぬるま湯で洗う。
2,水ですすぐ。洗剤の泡が落ちきるまですすぐ。

あとは乾かすだけ。

よーし、手順はわかった。

ただ気になる文言が…
染まりにくい繊維
(染色に向いていない繊維)
・アクリル
・ポリエステル
・アセテート
・防水(樹脂)加工された繊維
とある。

私が染めたいスニーカーは合成繊維としか書かれていない。
この中の繊維を使っている可能性が高い気がしなくもないのだが…。

まあ、良い!
やるだけやってみるか。

染料の準備



1,まずは染料のコールダイオールを耐熱ボウルに入れる。
IMG_20190308_132407_BURST6


熱湯500mlを投入して混ぜる。
IMG_20190308_132517_BURST11

これで完成。熱湯で溶かしたせいか簡単に溶けました。
あってよかったティファール。笑
染まっている割り箸の奥くらいのピンクが私の理想に一番近い。
どうなるかワクワク。
この染料を溶かす時、結構な香りを放つので換気扇はつけておいた方がいいです。


染め液を作る



染め液を作る準備

IMG_20190308_132149_1

お風呂場なら飛び散っても安心なのでお風呂場で作業。
100均のキャンドゥで購入した洗濯桶にゴミ袋を被せる。
写真に写り込んでいる足を改めて見ると外反母趾が酷い。。。

染め液を作る。

だいたい7.5リットルのぬるま湯を入れる。
寒かったので給湯器で48℃くらいに設定して入れました。
IMG_20190308_132653_BURST12

いざ、染料と助剤のお酢を投入!!
IMG_20190308_132725_BURST1

お酢100ml。計量カップを使ったけど、96mlくらいだったな。笑
ここで注意。染料を溶かす時も結構な香りでしたがお酢を入れる事で更に素敵な香りを放ちます。換気扇と窓を全開にした方が良い。

スニーカーを投入



4,スニーカーを投入。

IMG_20190308_132856_BURST6

サイズぎりぎりでしたがなんとか収まった。
この時ゴム手袋を忘れずに!割り箸でも大丈夫ですが浸けたりするのは手でやった方がやりやすい。

IMG_20190308_133020_BURST7

あとはゴミ袋の口を縛って20〜30分放置。
写真を良く見るとわかると思いますが、袋の外が側にもお湯を張っています。気温も低く染め液の温度が下がりそうだったので。私が使っている給湯器の最高温度60℃に設定しときました。


すすぎ作業



4,すすぎ作業
30分ほど浸けて、染まっているのを確認したら取り出します。
染め液を捨て、ぬるま湯ですすぐ。

IMG_20190308_135938_BURST16

写真だとわかりにくいですが、だいぶ色がついてます。
IIMG_20190308_140635_BURST7

二回目で色がなくなってきたので次の作業。
桶にぬるま湯を張り、中性洗剤を入れる。キュキュットが家にあったので使いました。
写真取り忘れました。

出来上がり



ついに染色作業終了!!

はたしてちゃんと理想の色になってくれているのか。

こちらが乾いた私だけの、ナイキ エアズーム マライア フライニットレーサー!

IMG_20190308_143855_BURST6


想像以上に良い色!
写真ではわかりにくいですが、私の求めていたピンクにもっとも近い。
桜のような淡い発色で文句なし。

合成繊維でも染まるらしい。


あとは履いていくうちに色移りがないか確かめるだけ。

染めるだけなら1時間も掛からず終わりました。

たった1時間で世界に1つだけのスニーカーの出来上がり。
愛着があったスニーカーが更に大切な物になりました。

お気に入りだけど色褪せしてきて履けないスニーカーや服を自分好みの色にアレンジしてもう一度使ってみてはいかがでしょう。

最後に注意。
ボウルで染料を溶かす際、色移りしますのでご注意ください。
IMG_20190308_133419_BURST7

わかりにくい写真ですが色移りしております…。